057b_72

山口・・・購入前に建築士に股計図を見てもらうのはいい方法だと思います。設計図やパンフレットに轡いてあることが、どういう意味なのか理解しておくことは大切でしょう。入居後の気のもちかたも遮ってきます。
リフォームなど大きな出費をしなくても、有効な地震対策も有ります。←こちらのサイトから安心できる物件を探してください。
古賀・・・分諌マンションは脳入者側からみて、完成時までの第三者のチェック機能が見えてこない制度であるということを前提に、管理を考えていかなければならないと思います。本来は、建設時から職入者側の利益確保に立つチェック機関があれば最善なのですが、入居後に管理組合が初めて機能するのですから、購入前の対策も難しいように思います。事前に設計図書に問題が認められたとしても、それをどのように分譲側に訴えていくのか。特に共用部分については、購入者ひとりの意思では難しいことです。青田売りであれば、購入者全員の意思のもと、第三者を選定して工事監理を行なうということも可能かもしれませんが、人数や設計図書の発行の問題などを考えると、これも現状ではほとんど不可能でしょう。そうなると、やはり完成品売買としてしか捉えることができず、結局、予防より完成後の不具合に対しての話となります。それでも、第三者が入ることによって、技術的な支援が可能になり、知らないがゆえに何となく丸め込まれてうやむやになってしまうという事態は避けられると思いますし、不具合の原因や対処方法・費用負担についての方向性を探ることはできますので、メリットは大きいと思います。