マンションの問題の根源

057c_72
司会・・・法整備をして第三者の目を入れることもひとつの考え方になるでしょうが、法律というのは、シックハウス法のように、住人の側に立ってみるとはなはだ疑問を感じる場合がある。住人のための法律といわれていても、現実に住人の側からみると不自由になっていることもある。マンションには設計者と工事監理者がいるのですから、建築士が完全な乗務をまっとうしてくれれば、法律に頼らずとも、それだけで充分だと思うのですが?
地震が起こってからでは遅い。建物設備の地震に向けた先行投資なら、家 高く売る ←ここから情報を探せます。
橘・・・マンションを建てて、引き渡すということでしたら、きちんと建築士が機能を果たせば理想的なものになると思います。しかし、引き渡したあとは、メンテナンスが必要になります。また、分譲マンションは賃貸マンションや戸建てと異なり、複数で所有しているという特殊な事情があります。複数の所有者が維持管理をしていかなければならないということです。それは法整備や建築士のあり方を大きく超えてしまいうのかもしれませんね。でも、考えてみれば戸建て住宅の新築でも、我々股計者は建てっぱなしと君うことはなく、その後の維持管理や修繕の相麟に乗っていると思います。時には住宅ローンの返済や、家族のお悩み相談まで乗っている人もおられると思います(私もそうですが)。分譲マンションでも、その後の維持管理の相談を設計者にできればいいのですが、分譲マンションのほとんどは、設計者がどこの誰だか分かりません。分譲マンションの購入者と設計者とは、直接関係がないからです。お互い顔が見えていないことが問題の根本だと思います。

マンションの問題の特徴

057e_72
古賀・・・音の問題のように、できあがったものに対しての取り組みは、その根っこのところがキチンとしていないとなかなか解決に至りませんね。ルールや設計・施工に共通認識がないところへ、人による個別差が加われば、なおさらだと思います。第三者が入ったところでまとまりがつかずに徒労に終わることもあるようですし、第三者が入ることによって判明したのが、結局のところ現状認識だけで、改善につながらないというのも多いのではないでしょうか。すると、マンションの住みはじめに、不具合などが生じる以前に、マンションって何?ということを運営や技術面でフォローできる体制が必要なのかもしれません。あっ、この本がそんな役削なんでしょうか?
阿部・・・私のところは自主管理でやっています。メンテナンスや大規模修繕なども、その時々の理事が対応しています。しかし、問題がないわけではありません。一年任期の素人の寄合い世帯なので.難しい問題などは持ち越しするだけですし、大規模修繕など計画から実施までに複数年かかる場合も、住居者ほとんどが無関心なので、業者の選定や工事内容、予算などが的確かどうかチェックする機能も働かないまま、業者まかせにしていいのだろうかと考えてしまいます。
不動産は売買も賃貸もリフォームも、失敗しない為には多くの知識が必要です。←こちらからいろいろな知識を手に入れましょう。
司会・・・マンション問題は供給の仕方に問題が内存しているということがいえそうですね。

マンション管理士について

057f_72
おぎわら・・・マンション管理土はペーパー試験だけで経験がなくても合格してしまいます。これも信頼されない理由のひとつですね。合格しても管理組合にアドバイスするには経験が足りません。建築士や税珊士など、ほかの専門家と共同歩調することで、バランスがとれるようになると思います。
昔から当たり前のように言われている安全な方法は改めて確認しましょう。その他の不動産に関する情報は、←こちらのサイトからたくさん見られます。
橋本・・・マンションには建築・設伽といったハード而と、維持管理・運営といったソフト面があります。榊さんのご指摘のとおり、多くの建築士はソフト面に弱いです。いっぽう、マンション管理士は制度ができたところですので、今後どうなるか分かりませんが、現況のマンション管理士の出身をみていると、多くがハード而に弱いのではないかと思います。ひと口にマンションの特理といっても、建築・設術のみならず、法徹や税金、盗潅運用などの一見関係なさそうな知識も必要となります。もちろんすべてに糒通した人がいて、マンションの相談に乗ってくれるのであれば、それにこしたことはないですが、現実にはきわめて困難です。マンションの状況に応じて複数の専門家が対応できるようなシステムが必要だと思っています。もちろん各専門家も、他分野の知識や技術を習得する努力をしていかないとならないとは思いますが。

一戸建てにはない問題点

057a_72
樽・・・建築士活用のメリットは、個人と管理組合とで異なりますよね。個人に対しては、脳入以前のマンション週びのファクターとして、共用部の構造についても建築士の技術的な助言が役に立つ。たとえば音の問題が予想できるマンションを買わないというような予防です。いつぽう、購入後は対象が共用部であったり床の仕上げであったりで、なかなか一個人では難しい。どうしても管理組合全体の問題として捉えていく必要があります。
ところで、不動産といえば、←こちらのサイトがお勧めです。
古賀さんの言われるように 個人の問題を全体の問題として意識していけるのであればメリットは大きいですね。よく、1年点検や2年点検で、管理組合の理事が業者に同行し、適当な解説で納得してしまうケースがありますが、こんな時にこそ専門家のスキルを活川してほしいと思います。音の間魎に災りますが、マンションが共同生活を営む建物であるにもかかわらず、音に対する配慮は符理規約にも細則にもあまり見受けられません。せいぜい使用細則やリフォーム時の承認がある程度で、技術的な方策まで定めているところは極めて少数です。住み手側も騒音が生じるまで問題意識を自分のこととしてもてないということもありますが、建築士側も管理組合のソフト而に弱く、継続的にスキルが生かされる場がないような気がします。適正化法でマンション管理士という川家資格も生れましたが、建築士はまだ少数で、巡常とのバイパスが少ない状態です。対症旅法として技術的な助爾をすることと同時に、同じ問題を繰り返さないルールづくりにもHを向けないと、根本的な解決にはならないのかなぁと感じます。

マンションの問題点とは

057b_72
山口・・・購入前に建築士に股計図を見てもらうのはいい方法だと思います。設計図やパンフレットに轡いてあることが、どういう意味なのか理解しておくことは大切でしょう。入居後の気のもちかたも遮ってきます。
リフォームなど大きな出費をしなくても、有効な地震対策も有ります。←こちらのサイトから安心できる物件を探してください。
古賀・・・分諌マンションは脳入者側からみて、完成時までの第三者のチェック機能が見えてこない制度であるということを前提に、管理を考えていかなければならないと思います。本来は、建設時から職入者側の利益確保に立つチェック機関があれば最善なのですが、入居後に管理組合が初めて機能するのですから、購入前の対策も難しいように思います。事前に設計図書に問題が認められたとしても、それをどのように分譲側に訴えていくのか。特に共用部分については、購入者ひとりの意思では難しいことです。青田売りであれば、購入者全員の意思のもと、第三者を選定して工事監理を行なうということも可能かもしれませんが、人数や設計図書の発行の問題などを考えると、これも現状ではほとんど不可能でしょう。そうなると、やはり完成品売買としてしか捉えることができず、結局、予防より完成後の不具合に対しての話となります。それでも、第三者が入ることによって、技術的な支援が可能になり、知らないがゆえに何となく丸め込まれてうやむやになってしまうという事態は避けられると思いますし、不具合の原因や対処方法・費用負担についての方向性を探ることはできますので、メリットは大きいと思います。